創業以来、守り続ける本物の味

月見軒のはじまりは昭和33年。
ススキノの日本料理店「三筋」の中澤豊次郎が店の一角ではじめました。
日本料理で磨いたわざと強いこだわりで作り上げたラーメンは、たちまち人気となり大繁盛しました。
それから62年、数ある札幌ラーメンの暖簾を掲げるラーメン屋は数あれど、昔ながらの味を堪能できるのが三代目 月見軒。自慢のみそラーメンは、野菜やリンゴ、オレンジといった果物・調味料など30種類を加え、深いコクと旨味を出し、麺はスープとの絡みを考慮し、コシの強い中太のちぢれ麺を使用。創業から三代かけて完成させた至福の一杯です。

三代目 月見軒<札幌駅北口店>

札幌市北区北6条西7丁目5-3 北海道自治労会館 1F
TEL 011-727-0607

JR札幌駅より徒歩約5分
<営業時間>11:00〜22:00(スープがなくなり次第終了)
<定休日>月曜日(月曜日が祝日の場合は営業 翌火曜日休み)
<駐車場>店舗裏、コインパーキングと提携で割引有

【営業日時】

火曜日〜日曜日
11:00〜22:00(スープがなくなり次第終了)